トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ京都府 > いちはた

いちはた

いちはた

創業31年コシ味が違う!手作りうどんそば

手作りうどん・そば専門店
本場京都の伏見の水を使用
こしものどごしも心地良く
伝統の味を受け継ぐ、純京都の伝統の味をご賞味頂けます。

いちはた:DATA
住所〒611-0044
京都府宇治市伊勢田町名木3丁目1-23
電話0774-44-1100
FAX0774-44-1256
URL
営業
駐車場15台 駐車料金 無料
業種うどん店、そば店
アクセス(最寄駅)
○近鉄京都線・伊勢田駅徒歩15分
(バス)
○名木北口停留所・徒歩2分
お役立ち情報天ざる・名物うどん、そばはあげたての天ぷらで人気メニューです。
めんはすべてゆでたてを、提供しております。
その他、丼、鍋焼きうどんがあります。

いちはたの地図

京都府宇治市伊勢田町名木3丁目1-23

いちはたの詳細をご紹介!

〔おしながき〕
◆名物 うどん・そば
 1300
◆天ざる うどん・そば
 1300
◆山かけ うどん・そば
 750
◆ざる うどん・そば
 (1段400)700
◆ざるとろ うどん・そば
 750
◆上天ぷら うどん・そば
 950
◆天ぷら うどん・そば
 750
◆天とじ うどん・そば
 800
◆上鍋焼 うどん
 1200
◆鍋焼 うどん
 1000
◆にしん うどん・そば
 700
◆山菜 うどん・そば
 650
◆鳥なんば うどん・そば
 650
◆親子 うどん・そば
 750
◆肉 うどん・そば
 700
◆他人 うどん・そば
 800
◆かやく うどん・そば
 600
◆玉子とじ うどん・そば
 500
◆昆布 うどん・そば
 600
◆カレー うどん・そば
 650
◆あんかけ うどん・そば
 550
◆たぬき うどん・そば
 600
◆けいらん うどん・そば
 650
◆きつね うどん・そば
 500
◆月見 うどん・そば
 550
◆かけ うどん・そば
 (小350)450
◆いなり 定食
 650
◆ちらし 定食
 750
◆きつね 丼
 550
◆きつねとじ 丼
 650
◆玉子 丼
 550
◆木ノ葉 丼
 700
◆肉 丼
 700
◆他人 丼
 700
◆親子 丼
 700
◆カツ 丼
 750
◆上天ぷら 丼
 900
◆天ぷら 丼
 750
◆上天とじ 丼
 1050
◆天とじ 丼
 800
◆いなりずし(5ヶ入り)
 400
◆ライス
 200
◆みそ汁
 250
◆天ぷら盛り合わせ
 1000
◆つまみ(にしんの甘煮)
 350
◆酒
 450
◆ビール(中のみ)
 450
◆ジュース(オレンジ・コーラ)
 150

〔持ち帰り〕
◆にしん うどん・そば
◆天ぷら うどん・そば
◆きつね うどん・そば
◆ざる うどん・そば
◆うどん・そば と だし
◆いなりずし
※だしのみの持ち帰りは出来ません。
※そばは生です(ゆがいていません)。

【営業時間】
 AM11:30~PM8:30(ラストオーダーPM8:10)

【定休日】
 火曜日



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 矢田部茶屋 東京都調布市深大寺元町5丁目14−3 電話042-484-2518
    • 有限会社よし正 愛媛県越智郡上島町岩城1540 電話0897-75-2267
    • 松葉荘 新潟県十日町市霜条1035−1 電話025-768-2242
    • 奈可むら 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1204 電話0460-82-1643

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦屋の歴史

蕎麦の歴史は、古くは8世紀までに遡ります。しかし、実際に粉食として盛んになったのは14世紀頃だと言われています。その頃は、まだ「そばがき」「そばかゆ」など蕎麦粉を湯で溶いた食べ方のみでした。15世紀になると、寺院関係で蕎麦を包丁で切って麺にする食べ方が始まりました。 一般庶民が蕎麦を食べるようになったのは、やはり江戸時代からです。その頃から、蕎麦屋が登場しています。江戸では特に蕎麦の人気が高く、関東大震災以前は各町内に一軒もしくは二軒の蕎麦屋があったほどだそうです。 蕎麦屋

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。