トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ愛知県 > 松寿庵

松寿庵

松寿庵

石臼碾き 自家製粉の店

 

松寿庵:DATA
住所〒464-0076
愛知県名古屋市千種区豊年町4-13
電話052-722-0212
FAX
URLhttp://homepage2.nifty.com/lovely-eot
営業
駐車場有 
業種そば店
アクセス(最寄駅)
○地下鉄東山・桜通線・今池駅・1番出口徒歩10分
(バス)
○市バス「都通1丁目」停留所・今池方面徒歩1分
○基幹バス「古出来町」停留所・今池方面徒歩5分
(車)
○今池から環状線北へ3分「都通1南」信号角
(その他)
中京レンガビル1階
お役立ち情報

松寿庵の地図

愛知県名古屋市千種区豊年町4-13

松寿庵の詳細をご紹介!

主に福島、茨城産のそばを自家製粉し、そば粉八割の「並そば」、10割の「生粉打ちそば」、
そばの実の中心部分のみを使った「さらしなそば」の3種類のそばを提供しています。
季節の変わりそばや、香り、コシを堪能できる「太打ち」も不定期でお造りします。

天ぷらは国産海老のかき揚げを始め、季節の山菜、魚介類がお楽しみになれます。

お酒は八海山、〆張鶴、出羽桜などをご用意しています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。