トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ山梨県 > いなか

いなか

いなか

忍野の名水を使った手打ちうどん硬いと こしは ちがうんです。

富士山の雪溶け水が、100年以上かけて湧き出す
忍野の名水を使い打ったうどんは、歯ごたえのある
つやの良いうどんです。
是非一度お試しください。
グループでもご家族でもお気軽にお立ち寄りください。

いなか:DATA
住所〒401-0511
山梨県南都留郡忍野村忍草1189-1
電話0555-84-2907
FAX
URLhttp://www.oshino.jp/member/inaka/
営業
駐車場15台 
業種一品料理店、飲食店、うどん店、そば店、定食店
アクセス(最寄駅)
○富士急行線・富士吉田駅
(バス)
○忍野山中湖方面膳棚経由 柳原停留所・徒歩1分
(車)
○中央道東富士五湖道路山中湖インターから忍野方面ファナック通り柳原交差点よこ
(その他)
忍野八海、出口池より車で1分
お役立ち情報富士の名水で打ち上げた手打ちうどんのノドごしと歯ごたえをお楽しみください。
冬はなべやきうどんもお勧めです。
三日間かけて煮込むカレーうどんもお勧めです。

いなかの地図

山梨県南都留郡忍野村忍草1189-1

いなかの詳細をご紹介!

◆◇ 手打ちうどん いなか ◇◆

◇忍野八海、出口池より車で1分
◇名水
◇手打ちうどん
◇忍野八海

<うどん>
●肉うどん(並) 450円
●肉うどん(大) 600円
●天ぷらうどん(並) 450円
●天ぷらうどん(大) 600円
●月見うどん(並) 450円
●月見うどん(大) 600円
●山菜うどん(並) 450円
●山菜うどん(大) 600円
●わかめうどん(並) 450円
●わかめうどん(大) 600円
●冷やしうどん(並) 500円
●冷やしうどん(大) 700円
(かき揚げ付き・温かい汁もございます。)
●カレーうどん(並) 550円
●カレーうどん(大) 700円
●鍋焼きうどん(並) 700円
●鍋焼きうどん(大) 850円

<そば>
●肉そば(並) 500円
●肉そば(大) 700円
●天ぷらそば(並) 500円
●天ぷらそば(大) 700円
●天ぷらそば上(並) 850円
●天ぷらそば上(大) 1100円
●月見そば(並) 500円
●月見そば(大) 700円
●山菜そば(並) 500円
●山菜そば(大) 700円
●わかめそば(並) 500円
●わかめそば(大) 700円
●ザルそば(並) 500円
●ザルそば(大) 800円
●天ザルそば(並) 850円
●天ザルそば(大) 1100円

<飯物>
●生姜焼き定食 800円
●もつ煮込み定食 800円
●カツ定食 900円
●おにぎり 250円
●ライス 200円

<一品物>
●生姜焼き 600円
●もつ煮込み 600円
●から揚げ 650円
(多少時間がかかります)
●おでん 600円
●冷やっこ 300円
●枝豆 300円
●もろきゅう 300円



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦の語源

もともと蕎麦という植物は、タデ科の一年生作物のことです。その実を、石臼などで細かく砕いてひいて粉状にしたものがそば粉です。さらにそれに水分を加えて、練って、長くのばして、細く切ったものが、現在食べ物としての日本蕎麦ということになります。 その蕎麦の語源としては、かたわら、横と言った意味の側からではなくて、とがったものやものの角を表す稜(音読みリョウ、訓読みかど)から来ているといわれています。これは、植物としての蕎麦の実が、三角卵形をしているところからです。このようにとがった

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。