トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ群馬県 > ドライブイン名月館

ドライブイン名月館

ドライブイン名月館

雄大な自然の中で味わう四季おりおりの赤城の味覚

緑芽吹き、つつじ咲く春。白樺林に風吹き抜ける夏。山々が紅く燃える秋。銀世界の冬。

ドライブイン名月館:DATA
住所〒371-0101
群馬県前橋市富士見町赤城山33
電話027-287-8127
FAX027-287-8064
URL
営業09:00~17:30
駐車場有(県営無料駐車場)
業種うどん店、そば店、定食店、ドライブイン
アクセス(最寄駅)
○JR両毛線・前橋駅下車 バス(70分) タクシー(50分)
(車)
○関越道前橋インターから1時間 赤城インターから45分
お役立ち情報名月館は、上州に名だたる赤城山の大沼のほとり、美しい自然に囲まれています。山の幸、川の幸を盛り込んだお料理と、心づくしのおもてなしで、赤城の味覚をたっぷりとお楽しみいただけます。東京よりお車で約2時間半と交通も大変便利。広々としたご宴会場を用意してお待ちしておりますので、関東の奥座敷として、ぜひお使いくださいませ。

ドライブイン名月館の地図

群馬県前橋市富士見町赤城山33

ドライブイン名月館の詳細をご紹介!

≪ 赤城山ドライブイン 名月館 ≫

【御予約料理価格表】
※御予約料理は10名様より承ります。
 尚、2日前までにお申し込み下さい。

◆つつじ(わっぱめしセット)…1,050円
 (わっぱめし・わんこうどん・小付・お新香)
◆湖水(幕の内セット)…1,050円
 (わかさぎフライ・煮物・酢の物・フルーツ・お新香・わんこうどん・ご飯)
◆紅葉(幕の内セット)…1,575円
 (焼魚・野菜天ぷら・煮物・酢の物・フルーツ・お新香・わんこうどん・ご飯)
◆白樺(わっぱめし)…1,575円
 (わっぱめし・野菜天ぷら又は焼魚・フルーツ・わんこうどん・小付・お新香)
◆樹水(幕の内セット)…2,100円
 (エビフライ・焼魚・刺身・煮物・酢の物・フルーツ・お新香・わんこうどん・ご飯)
◆淵名姫…1,050円
 (お切込みうどん鍋・フルーツ・小付・お新香・ご飯)
◆赤城姫…1,575円
 (わっぱめし・お切込みうどん鍋・フルーツ・小付・お新香)
◆岩魚塩焼セット…1,260円
 (小付・お新香・わんこうどん・ご飯)

※季節により多少料理内容に変更がございます。
※料理は御予算に応じて御相談承ります。


~・冬の風物詩わかさぎ釣り情報・~

・営業期間 例年1月上旬より3月31日迄の予定(氷の状態によります)
・営業時間 午前6時~午後6時迄
・入漁料
 (1日券)700円
 (年券)4000円
・エサ
 (各種)100円より400円

【わかさぎ釣りレンタル価格表】
 ・釣り小屋
 (1人用)・・・1500円  (2人用)・・・2500円
 ・釣竿(仕掛け付き)・・・1000円
 ・アイスドリル
 (1時間)・・・1000円 (1日)・・・3000円
 ・イス 300円
 ・長靴 300円



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。