トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ茨城県 > 須田のうどん

須田のうどん

須田のうどん

こだわりの自家製麺。うどん・そばともつ煮込みの店

昭和46年創業。毎日とる“だし”は水、素材にこだわり、風味豊かで自家製のうどん・そばと抜群の相性。自慢のもつ煮込みは一日20kg以上煮込むほどの人気の一品。国道6号沿いの当店は広々とした駐車場と、満腹、満足、間違いなしの豊富なセットメニューを用意し、皆様の御来店をお待ちしております。

須田のうどん:DATA
住所〒315-0056
茨城県かすみがうら市上稲吉1916-3
電話0299-59-3287
FAX
URL
営業09:30~24:00お正月のみ休業
駐車場有 
大型20台以上可
業種うどん店、そば店
アクセス(最寄駅)
○JR常磐線・神立駅より徒歩37分
(車)
○水戸街道6号線沿い
お役立ち情報当店一番人気の「もつ煮込セット」は、もつ煮込みとライス、もり、又はたぬきのうどんかそばが選べて、お新香、サラダ付で、790円。ライスもこだわりの茨城県産コシヒカリ100%使用。満腹、満足、間違いなし。それでも物足りないお客様にはプラス100円で大盛りサービスも行っております。その他、セットメニューも790円~各種取り揃えております。人気の「もつ煮込み」は1人前450円にてお持ち帰りもできます。

須田のうどんの地図

茨城県かすみがうら市上稲吉1916-3

須田のうどんの詳細をご紹介!

◆お得なセットメニュー

もつ煮込セット ¥790
カレーセット ¥790
さば味噌煮セット ¥850
ミニ天丼セット ¥790
ねぎとろ丼セット ¥790
ミニ豚焼肉丼セット ¥790
ミニうな丼セット ¥890
お子様セット ¥390

◆ごはんもの

もつ煮込定食 ¥640
さば味噌煮定食 ¥700
カツカレー ¥700
カレーライス ¥500
カレーライス(小) ¥400
牛丼 ¥680
天丼 ¥780
ねぎとろ丼 ¥770
ライス ¥190
ライス(小) ¥130
ミニ丼(天丼・ねぎとろ・豚丼) ¥390
みにうな丼 ¥490

◆温かいうどん・そば

かけうどん・そば ¥380
月見うどん・そば ¥430
たぬきうどん・そば ¥460
天ぷらうどん・そば ¥480
えび天うどん・そば ¥530
わかめうどん・そば ¥480
山菜うどん・そば ¥480
カレーうどん・そば ¥500
力うどん・そば ¥580
けんちんうどん・そば ¥620
肉うどん・そば ¥530
とりうどん・そば ¥530
鴨南うどん・そば ¥690
すきやきうどん・そば ¥780
鍋焼うどん・そば ¥780

◆冷たいうどん・そば

もりうどん・そば ¥460
ざるうどん・そば ¥500
ざる2種盛り(うどん・そば半々で) ¥520
かき揚げ天ざるうどん・そば ¥600
野菜天ざるうどん・そば ¥820
冷したぬきうどん・そば ¥560
冷し月見うどん・そば ¥560

◆つけ麺

肉汁うどん・そば ¥550
鴨汁うどん・そば ¥690

◆単品メニュー

もつ煮込 ¥450
もつ煮込(小) ¥370
唐揚 ¥350
とんかつ ¥350
カキフライ ¥350
チーズフランク ¥350
さば味噌煮 ¥350
おでん ¥350
野菜天ぷら ¥320
えび天ぷら ¥150
かき揚げ天ぷら ¥100
納豆・奴・味噌汁 ¥100
生玉子・ゆで玉子 ¥50
お新香 ¥150
サラダ ¥150

◆ドリンクメニュー

生ビール(アサヒ スーパードライ) ¥500
瓶ビール(キリン ラガー) ¥500
日本酒 ¥320
冷酒 ¥320
レモンハイ ¥320
コーヒー(ホット・アイス) ¥200
コカ・コーラ ¥200
オレンジジュース ¥200
ウーロン茶 ¥200



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 苔乃茶屋 京都府京都市西京区松尾万石町56 電話075-381-3191
    • 麦の花 熊本県玉名郡南関町大字小原1890 電話0968-69-9585
    • ドライブインろばた 岩手県盛岡市繋字山根225−2 電話019-689-2954
    • そば処まつば 長野県木曽郡木曽町開田高原末川3904−1 電話0264-42-3100

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦屋の歴史

蕎麦の歴史は、古くは8世紀までに遡ります。しかし、実際に粉食として盛んになったのは14世紀頃だと言われています。その頃は、まだ「そばがき」「そばかゆ」など蕎麦粉を湯で溶いた食べ方のみでした。15世紀になると、寺院関係で蕎麦を包丁で切って麺にする食べ方が始まりました。 一般庶民が蕎麦を食べるようになったのは、やはり江戸時代からです。その頃から、蕎麦屋が登場しています。江戸では特に蕎麦の人気が高く、関東大震災以前は各町内に一軒もしくは二軒の蕎麦屋があったほどだそうです。 蕎麦屋

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。