トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ東京都 > 砂場

砂場

砂場

◇◆日本そば・創作うどん◆◇ 伝統の味をお届けいたします

こだわりの素材で上質な味を。脈々と繋がる「伝統の味」と、若さ溢れるあたらしいスタイルのおそば・うどんを、心行くまでお楽しみ下さい。

砂場:DATA
住所〒156-0053
東京都世田谷区桜2丁目10-9
電話03-5450-8853
FAX03-5450-8853
URLhttp://www.s-sunaba.com/index.html
営業11:00~20:30定休日 火曜日
駐車場
業種飲食店、うどん店、そば店
アクセス(最寄駅)
○上町駅から徒歩8分
○経堂駅から徒歩10分
(その他)
桜通り商店街内
お役立ち情報●おそばは、「ひき立て」「打ちたて」「ゆでたて」です。
●うどんは、細打ちでこしがあり、喉越し良く仕上げております。
●天ぷらは良質の胡麻油で揚げ、たいへん風味豊かに香ばしく仕上げております。
●おつゆは、無添加・無着色で安全な物をつくっております。
●お米はコシヒカリを、お水はアルカリ水を使用しています。

砂場の地図

東京都世田谷区桜2丁目10-9

砂場の詳細をご紹介!

■□ お し な が き □■

<冷/そば・うどん>
・せいろ 550円
・のりせいろ 600円
・なめこせいろ 800円
・とろろせいろ 850円
・肉つけせいろ(豚肉) 750円
・鴨せいろ 950円
・いくらせいろ 1,050円
・野菜天ざる(野菜五品×2) 1,050円
・天ざる(車海老一尾・野菜五品) 1,200円
・おまつり天ざる(車海老二尾・野菜七品) 1,600円
・あなご天ざる 1,150円

<温/そば・うどん>
・かけ 550円
・たぬき 600円
・きつね 600円
・玉子とじ 650円
・おかめ 700円
・肉南ばん(豚肉) 750円
・カレー南ばん 750円
・力うどん 800円
・なめこ 800円
・山かけ 850円
・和風五目 850円
・鴨南ばん 950円
・天ぷら(車海老) 950円
・上天ぷら(車海老二尾・野菜三品) 1,400円
・山菜 850円

<ご飯物>
・半ライス 150円
・ライス 250円
・カレーライス 750円
・ハンバーグカレー 950円
・そぼろご飯 800円
・牛丼 850円
・親子丼 850円
・上親子丼 1,100円
・かつ丼 850円
・上かつ丼 1,100円
・ミニいくら丼 550円
・いくら丼 1,150円
・ミニねぎとろ丼 550円
・ねぎとろ丼 1,150円
・うな重 1,500円
・からあげ定食 950円
・ハンバーグ定食 1,000円
・焼き肉定食 1,150円
・天ぷら定食(車海老二尾・野菜五品) 1,700円

<自慢の天丼>
・野菜天丼(野菜五品×2) 950円
・天丼(車海老二尾) 1,100円
・にぎわい天丼(車海老一尾・野菜五品) 1,100円
・上天丼(車海老三尾) 1,400円
・あなご天丼 1,150円

・その他、ご飯と麺類のセット、季節の特選メニュー 等
・平日11時~15時はランチメニューもご用意しております。

※大盛りは、150円増しになります。
※ご注文合計金額1,100円より配達も承ります。
 配達地域についてはお電話にてご確認ください。
 (地域によっては、配達に伺えない場合もございます、ご了承ください。)

◇詳しくはホームページをご覧下さい◇
http://www.s-sunaba.com/index.html



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦屋の歴史

蕎麦の歴史は、古くは8世紀までに遡ります。しかし、実際に粉食として盛んになったのは14世紀頃だと言われています。その頃は、まだ「そばがき」「そばかゆ」など蕎麦粉を湯で溶いた食べ方のみでした。15世紀になると、寺院関係で蕎麦を包丁で切って麺にする食べ方が始まりました。 一般庶民が蕎麦を食べるようになったのは、やはり江戸時代からです。その頃から、蕎麦屋が登場しています。江戸では特に蕎麦の人気が高く、関東大震災以前は各町内に一軒もしくは二軒の蕎麦屋があったほどだそうです。 蕎麦屋

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。