トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ北海道 > しれとこ里味

しれとこ里味

しれとこ里味

昼はそばと海鮮丼、夜は海鮮あぶり焼き、知床の幸中心に提供

地元の素材にこだわり、素材の味を最大限生かすおいしい食べ方にもこだわる、本物志向の店です。
地元のそば粉使用、地元産のつぶかき揚げそばが大好評。~ 御来店なさる時はお電話いただければ待たずにお席についてすぐに召し上れます。
昼からでも海鮮あぶり承ります。
知床の思い出にどうぞご来店ください。

しれとこ里味:DATA
住所〒099-4118
北海道斜里郡斜里町新光町64
電話0152-23-2220
FAX0152-23-2220
URLhttp://shiretoko-koubou.ftw.jp/
営業11:00~22:00 年中無休
駐車場有 
業種居酒屋、飲食店、折詰弁当、そば店、丼物店、弁当仕出し、持ち帰り弁当、料理仕出し、ろばた焼店
アクセス(最寄駅)
○JR知床斜里駅徒歩30分
(バス)
○斜里バス ひまわりパチンコ停留所・徒歩10分
(車)
○国道244号線 網走から40分 ○国道244号線 中標津から60分
○ウトロ国道334号線から40分
お役立ち情報☆丹念にかえしから造ったもり汁、かけ汁を御賞味下さい。

☆夜の海鮮焼きは活貝・魚の一夜干し、地元の特産品等々を本格的な炭と七輪で召し上れます。

☆北海道の地魚、全国の銘酒、世界のワインも各種取り揃えております。

しれとこ里味の地図

北海道斜里郡斜里町新光町64

しれとこ里味の詳細をご紹介!

◎知床の幸が豊富な当店おすすめメニュー◎
『5つの海鮮丼』
味噌汁付き(かにの鉄砲汁はプラス100円増し)
 ・生ほたてといくら丼(斜里産いくら使用)¥1100
 ・海鮮祭丼(魚貝の生ちらし)¥1300 等

『斜里岳田舎そば』
斜里岳のふもとで育まれ、無農薬、無添加、風力乾燥をほどこし、そばの風味が漂い、コシのある“地そば”です。
名物は「ウトロ産つぶのかき揚げ冷やしかけそば」 是非お召し上がり下さい。
 ・ざるそば¥600
 ・ウトロ産つぶのかき揚げ冷やしかけそば¥900 等

『炭火焼の盆ザル盛り合わせ』 ~知床を食べよう 地元の魚貝と肉、野菜を炙る~
知床産品をたっぷり盛り合わせしました。ボリュームがあり、バランスがとれていてお得な各種レギュラー盛り合わせ(2~3人)と、大皿盛り合わせ(4~6人向け)がオススメです。
 ★ファミリーセット ¥4980~
  ご家族向けのバラエティーでボリュームのある中身です
 ★知床山海セット ¥5980~
  知床の海の幸と肉類を盛り込みました
 ★知床魚貝セット ¥5980~
  魚好きには堪らない一皿、思わず酒がすすみます
 ★肉・野菜セット ¥5980~
  炭火で炙る鶏肉、豚肉、牛肉、そして野菜がたっぷり
 ★斜里岳セット ¥6980円
  魚はきんきをはじめ活貝と上質のお肉の盛り合わせです

『美味こだわり定食10撰』
焼き魚、焼肉、刺身、煮付けなどバラエティー豊富です。
 ・本場斜里産鮭めじか焼定食¥880
 ・刺身入り里味弁当¥980 等

『海と山の回転割りこそば・しれとこ里味そば』
 ・山海盛り(お一人様¥1500)3名様から受け付けております
 ・特選盛り(お一人様¥2000)3名様から受け付けております

『ミニ海鮮丼とそばのセット』 ※こちらのメニューはお昼のみとなります
 ・ミニ海鮮丼とミニそば(冷又は温)¥1500
 ・ミニ生鉄火丼とミニそば(冷又は温)¥1400 等

『しれとこ里味 居酒屋メニュー』
刺身盛り合わせからサラダ各種、焼肉、珍味にいたるまで★全品55種類★の単品をご用意してお待ちしております。

~グループ・小宴会の御予約承ります~
宴会コース(4名様以上からになります)
◆2100円コース ◆3000円コース ◆4000円コース ≪プラス1575円で90分飲み放題!!≫



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 苔乃茶屋 京都府京都市西京区松尾万石町56 電話075-381-3191
    • 麦の花 熊本県玉名郡南関町大字小原1890 電話0968-69-9585
    • ドライブインろばた 岩手県盛岡市繋字山根225−2 電話019-689-2954
    • そば処まつば 長野県木曽郡木曽町開田高原末川3904−1 電話0264-42-3100

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。