トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ全国各地の日本蕎麦 > 世界の蕎麦

世界の蕎麦

世界の蕎麦の画像

日本蕎麦が日本で食べられる独特の料理というのは誰しも納得するでしょうが、そば粉を使った料理は世界に存在します。今はその料理までも広義の日本蕎麦料理と呼ぶとすれば、蕎麦料理は世界にあることになります。

たとえば、イタリアのミラノの北に位置するヴァルテッリーナ地方ではそば粉を使った料理というものが存在します。それは、そば粉で作るひも皮状のパスタ料理であるピッツオッケリというものです。メンは幅広で、長さは短めのもので、日本のそばとよく似た色と味をしています。 そば粉8に小麦粉2ほどの割合で作った生地(日本の二八蕎麦と同じ割合)を包丁で細く切り、それをキャベツと一緒にゆでます。それからそばにチーズをはさみ、最後に、にんにくを入れた溶かしバターとチーズを合わせてかけて食べるというものです。 しこしことした舌触りがあって、蕎麦とは食べ具合はそっくりですが、ただし具の違いから、西洋的に味わいもしてきます。つまり、柔らかい野菜ととろけるようなチーズと絡まって、とても味わい深い料理に仕上がっているのです。日本蕎麦を食べ慣れた人は目先が変わっておいしいと思うかもしれません。

フランス料理にも、そば粉を使った料理というものがあって、ガレットと呼ばれる料理は、クレープの一種で、目玉焼きやチーズを包んで食べます。ブラターニュ地方の特産品で、この地方に行くと専門店があり、この地域の一般家庭では日常的に食べるものとなっています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 苔乃茶屋 京都府京都市西京区松尾万石町56 電話075-381-3191
    • 麦の花 熊本県玉名郡南関町大字小原1890 電話0968-69-9585
    • ドライブインろばた 岩手県盛岡市繋字山根225−2 電話019-689-2954
    • そば処まつば 長野県木曽郡木曽町開田高原末川3904−1 電話0264-42-3100

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦が登場する小説

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。 また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場して

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。