トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ全国各地の日本蕎麦 > 九州地方の日本蕎麦

九州地方の日本蕎麦

九州地方の日本蕎麦の画像

九州の蕎麦はどんなものが有名でしょうか。九州ではうどんを食べる文化の方が強力なため、蕎麦を専門に食するような地域はそう多くはありません。蕎麦という植物が、高冷地を好むこともあって、比較的気候が温暖な九州地方ではあまり蕎麦を育てて食べるということをしてこなかったためでしょう。

その九州地方の中では、福岡県の弁城蕎麦というものがあって、福智町で作られていますが、平成8年にこの地域で農業活性化を目指したプロジェクトのもとに、本格的な蕎麦栽培に取り組んできています。そうしてできあがった蕎麦と蕎麦の花を観賞するまつりが、毎年、「蕎麦の花フェスタ」という名の下に開催されています。

他には、沖縄のソーキそばというものも有名でして、沖縄料理の一つで代表的なものになっていますが、残念ながらそば粉は使用しておらず、100%小麦粉でかん水を使用して作っています。沖縄では、「すば」あるいは「うちなーすば」とよばれるのが、この沖縄蕎麦あるいはソーキ蕎麦というもので、日本蕎麦は「ヤマト蕎麦」とよんで区別します。ソーキそばは、メンは一般に太めで、和風のだしを用いて食べることになっています。このため純粋な日本蕎麦ではないのですが、近年では、大々的に日本全国に普及していますし、食感もラーメンというよりは、うどんに近いということもあって、ここでとりあげました。沖縄に従来の伝統的な日本蕎麦が入ってきたのは、太平洋戦争の後ということですから、比較的新しい味で、まだ普及していないのでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中部地方の日本蕎麦

中部地方の蕎麦といえば、一番有名なのは信州蕎麦でしょう。やはり、蕎麦という作物は高冷地でよく育ちますので、信州の風土が合っているということで、多くが栽培され、そこでとれたそば粉を、信州各地域で自家製料理として、さまざまな風に蕎麦打ちをして食べていました。この流れを引くのが現在の信州蕎麦で、今では信州地域の蕎麦を総称していますが、登録商標として、長野県信州そば協同組合がもっていて、それによれば、そば粉を40%以上配合した良質の干しそばのみを、信州蕎麦と呼んでいます。ただし、永

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。