トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ全国各地の日本蕎麦 > 東北地方の日本蕎麦

東北地方の日本蕎麦

東北地方の日本蕎麦の画像

東北地方の日本蕎麦といえば、岩手県の盛岡市などのわんこそばが有名ですが、他にも特徴のある蕎麦がいろいろあります。わんこそばのわんことは、岩手の方言でお椀のことでその始まりや歴史はさまざまな説があります。その一つとして、この地域のまつりごとには、大勢の人に一度に食べさせる必要があったため、小さな分量に取り分けたわんこそばが振る舞われるようになったものであるというものがあります。さらには、福島県では裁ち蕎麦というものが会津地方で振る舞われていて、これはつなぎ粉を一切使わないため、生地がもろいので、何枚も重ねるようにして、それを裁ち切って作ることからこのように呼ばれるようになりました。

山形県の村山地方では、紅花をねりこんだ紅花蕎麦というものが作られていて、それにゆでた鶏肉の薄切りを加えて食べます。同じ山形でも、山形市では、松尾芭蕉の作品にも出てくるように蕎麦が江戸時代から盛んに食べられています。天童市では手打ち蕎麦が観光資源となっているぐらいで、おみやげにも天童蕎麦が普通に持ち帰られるようになっています。

青森県の津軽地方では、つなぎに大豆を使って、大変手間をかけて作られる蕎麦がありましたが、最近ではそのあまりに手間がかかることから、より生産性の高い蕎麦も作られるようになっているとのことです。

磐梯蕎麦というものもあって、磐梯西山麓湧水群の天然水を使用した清冽な作りの蕎麦で、個々の地元である磐梯町・猪苗代町では、日本そば博覧会というものも開かれています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦料理の種類

蕎麦料理にも色々な種類があります。 一番メジャーなのが蕎麦切りです。蕎麦粉本来の香りと喉越しを味わうことができます。この蕎麦切りも、冷たいものと温かいもので違いますし、種物の種類で様々に分かれます。まずは冷たいものです。つけ麺系には盛り蕎麦・ざる蕎麦・天ざる蕎麦(天ぷら付きつけ蕎麦)・鴨せいろ・つけとろろ蕎麦などが、ぶっかけ系には冷やしたぬき・冷やしきつね・冷やしとろろ・おろし蕎麦・みぞれ納豆・冷やしなめこ・冷やしかつ蕎麦などがあります。 日本蕎麦は、盛りやざるで食べられる

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。