トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ日本蕎麦の知識 > 蕎麦が登場する小説

蕎麦が登場する小説

蕎麦が登場する小説の画像

蕎麦は寿司や天ぷらと並ぶ日本食の代表選手の一つであり、小説にも良く登場しています。いくつか紹介しましょう。誰もが知っている作家の一人夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、蕎麦が登場しています。この中で、漱石は登場人物に、蕎麦の食べ方を説明しています。「噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところが値打ちだよ」とのことです。

また時代小説で有名な故池波正太郎氏は食通でも知られています。彼の書く時代小説には、江戸の町を舞台に蕎麦屋の情景が良く登場しています。ドラマでも人気の「鬼平犯科帳」にも、蕎麦屋が多く登場していますよね。蕎麦掻きも登場しているようです。

また、一時期大ブームになった栗良平氏の「一杯のかけそば」も蕎麦が登場しています。蕎麦といえば、小説よりも落語という人も多いでしょう。扇子を橋の代わりにして食べるマネをしている落語家さんの姿を見たことがあることがある人もいるかもしれませんね。つり銭を誤魔化す「時そば」が有名ですよね。また、食通の人によるエッセーも多いです。蕎麦には、作り方にしても食べ方にしても、それぞれこだわりを持っている人がたくさんいます。そばの出てくる小説やエッセーを読むと、そうしたこだわりが随所に見られます。

あなたも、本屋や図書館に行って、蕎麦が登場している小説を見付けてみてください。蕎麦を食べながらそうした小説を読むのも、通の楽しみ方ではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 日本蕎麦の歴史

蕎麦は日本ではいつ頃食べられるようになったのでしょうか。どうやら古文書によると奈良時代にはもう食べられていたようです。ただし、当時は主要な食べ物というわけではなくて、その当時の人々の認識は、雑穀の一種であって、ひえやあわといった穀物と同列の扱いだったのでしょう。 それがわかるのは、鎌倉時代に書かれた古今著聞集によると、藤原道長のおいが、山に入ったところ、そこに住んでいる人から蕎麦料理を振る舞われてたくさんの蕎麦を食べたことに素直に驚いているような記述が見られることです。当時

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。