トップ 日本蕎麦ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

日本蕎麦ナビ日本蕎麦の知識 > 日本蕎麦のアレルギーについて

日本蕎麦のアレルギーについて

日本蕎麦のアレルギーについての画像

アレルギーがあって、日本蕎麦が食べられないという人がいます。蕎麦粉はアレルギー物質を含む食品として食品衛生法施行規則、別表第5の2による特定原材料として指定されており、特定原材料を含む旨の表示が義務付けられています。

蕎麦アレルギーだと思う人は、蕎麦粉の表示があるものを食べないようにしましょう。アレルギーの症状としては、軽い頭痛のこともあれば嘔吐することもあり、ひどいアナフィラキシーショックを起こして倒れてしまう人もいるので注意が必要です。アレルギーの激しい人は、蕎麦打ちの実演をしている場所にも近づいてはいけません。

デパートなどで、良くイベントが行なわれていますよね。そば粉が舞っているからです。経口的(喫食)だけでなく経気道的(吸入)、経皮的(接触)にもアレルゲンとなるからです。日本蕎麦を食べなければ大丈夫かと思えば、そうではありません。例えば、蕎麦屋さんの一品料理には蕎麦粉が使われている可能性が高いです。多いのがうどんです。蕎麦とうどんは同じような作り方をするために、同じ釜で茹でたり湯通ししたりして、蕎麦の成分がついてくることがあります。また、うどんの打ち粉に蕎麦粉がついてくることもあります。麺棒や延し台などの道具を共用していれば、当然うどんに蕎麦粉が混じりますよね。うどんだから大丈夫と思っていると、蕎麦アレルギー症状がでることがありますので、店員さんにきちんと確認することが大切です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


日本蕎麦ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 苔乃茶屋 京都府京都市西京区松尾万石町56 電話075-381-3191
    • 麦の花 熊本県玉名郡南関町大字小原1890 電話0968-69-9585
    • ドライブインろばた 岩手県盛岡市繋字山根225−2 電話019-689-2954
    • そば処まつば 長野県木曽郡木曽町開田高原末川3904−1 電話0264-42-3100

今日のお勧め記事 ⇒ 日本蕎麦を作る

日本蕎麦を作るにはどうしたら良いのでしょうか?蕎麦を自分で打って食べたら美味しいでしょう。打って直ぐに食べる蕎麦はおいしいですし、家族も喜びますよ。蕎麦を打つなんて、専門家や職人のやることというイメージを持たれがちですが、基本を押さえれば誰でも簡単に蕎麦を打つことができます。 蕎麦打ちの手順としては、①蕎麦粉を配合する→②水を加えて混ぜる→③手で捏ねる→④麺棒で生地を延ばす→⑤包丁で切るとなり、出来上がった蕎麦を茹でて完成です。最近では、全国各地で蕎麦作り教室や蕎麦打ち教室

日本蕎麦ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。